5月5日(水)は端午の節句 「菖蒲湯」 します。

  • HOME
  • お知らせ
  • 5月5日(水)は端午の節句 「菖蒲湯」 します。

20150505菖蒲2

菖蒲湯に入る意味や由来は・・・・

 中国の厄払いの一種で季節の変わり目は体を壊しやすいという言い伝えがあったため体調を崩さないようにするために薬効のある菖蒲湯に入ったということです。
 もともと日本でも「五月忌み」で厄災をはらい邪気払いの力がある菖蒲の葉や、蓮を軒に挿して悪いものを追い払うという風習があったので菖蒲には厄払いの効果があるものと昔から考えられていました。 

 江戸時代に続く武家社会では菖蒲が勝負や尚武に通ずるゲンのいい響きもあって端午の節句の恒例行事として広まっていきました。

※ 小学生以下のお子様は無料とさせていただきます。